JIMAの活動

[募集中!] JIMA会員限定・非公開セミナー「実名報道を考える」12/2(月)開催

投稿者:
投稿日:

——京アニ事件「実名報道」をめぐる「異例」とは何だったのか? なぜ日本では「実名報道」が議論となるのか?

今年7月に起きた京都アニメーション放火事件では、35人の被害者の実名が公表され、報道されたことが議論となりました。本セミナーは、国際報道の最前線を知る共同通信社 澤 康臣さんを迎え、事件をめぐる報道を振り返る一方、英米の「実名公表・実名報道」が報道の原則とされる歴史や、日本での考え方との違いが生まれる理由などをお話しいただきます。
また、講演後は、「文春オンライン」編集長竹田直弘さんをモデレーターに、実名報道の意義や、報道現場で大切にするべきことなどについて、参加者の皆さんとディスカッションします。会員間で本音を含めた濃い議論にご期待下さい。

登壇者

  • 澤 康臣氏(共同通信社・編集局特別報道室 編集委員)
  • 竹田直弘氏(文春オンライン編集長)

開催日時・場所

日時:2019年12月2日(月) 19時〜21時半 (18時半開場)

場所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6丁目25−16 いちご神宮前ビル 2F スマートニュース株式会社 WESTオフィス イベントスペース

※原宿と渋谷の間の明治通沿い、1階にABAHOUSE HARAJUKU店が入っている いちご神宮前ビル(入口はABAHOUSEの左側)です。

参加対象

JIMA会員
(会員社1社につき2名様まで無料。3人目以降については事務局へお尋ね下さい。)

お申込みフォーム

必ずフォームで事前の登録をお願いいたします。

さらに表示