ニュース : 会員向けセミナー

サイトリニューアルプロジェクトを追体験、各フェーズで得られた学びとは——「失敗しないサイト大規模リニューアル、どう進めるか」開催レポート

投稿者:
投稿日:
(写真:翔泳社 MarkeZine編集長安成蓉子氏)

2021年9月15日、インターネットメディア協会(JIMA)主催によるオンラインセミナー「失敗しないサイト大規模リニューアル、どう進めるか」が開催されました。スピーカーには翔泳社 MarkeZine編集長であり、JIMA理事でもある安成蓉子氏を迎え、今年5月に15周年を迎えたマーケティング専門メディア「MarkeZine」の大規模なサイトリニューアルの実録体験談と、そこから得られた学びを共有いただきました。

JIMA会員を対象に行われた本セミナーには70名近い方々に参加いただき、プレゼンテーション、また、その後質疑に回答いただく形で、サイトリニューアルプロジェクトを追体験するような形で実践的な学びをご紹介いただきました。

サイトリニューアルプロジェクトを追体験、各フェーズで得られた学びとは

インターネットメディアの運営者にとって、Webサイトは事業の根幹となる基盤です。そのリニューアルは失敗できない大プロジェクトですが、そのプロジェクトの進め方、ノウハウはなかなか共有されません。今回のセミナーでは、月間300本の記事を配信し、Webメディアで培った会員基盤を軸に、広告だけでなく、カンファレンスや有料コンテンツのサブスクリプションなど多彩なビジネスを展開するマーケティング専門メディア「MarkeZine」サイトの、約1年間に渡って実施された大規模リニューアルプロジェクトを追体験する形で紹介いただきました。

セミナーの構成としては、以下のようなテーマごとに、その時にどう考え、実行したのか、時に具体的な数値を共有しつつ、また時には失敗談から得られた学びや気付きを共有する形で、プロジェクトを追体験するような形でポイントをまとめていただきました。

今回のセミナーは会員限定であり、またアーカイブ動画の公開はありませんが、セミナーに先立ち、2021年4月28日に「MarkeZine」に掲載された以下の記事にはその概要が紹介されています。ご興味をお持ちの方はぜひご参照ください。

【実録 】 MarkeZine のサイトリニューアル戦略 私たちは読者とどんな関係を構築したいのか?
(2021/04/28 MarkeZine掲載記事)

今回の参加者からのアンケートには「サイトリニューアルを控えているので参考になりました。」、「サイト改修の目的や社内外のチーム編成など、とても詳しく説明していただきました。」などの感想を頂き、実践的な知見の共有の価値を多くの会員の皆様に感じて頂くことが出来る機会となりました。


今後もJIMAのセミナーでは、メディアが直面するさまざまな課題を取り上げ、より良いメディア運営に向けてなすべき課題などについて議論を進めていく予定です。同じ課題を抱える皆様のJIMAへの参加をお待ちしています

(文責 / 撮影:JIMA事務局)

さらに表示